志摩力男氏

志摩力男氏の有料メルマガ配信は詐欺(サギ)なのか?〜配信を検証

現役プロトレーダーの『志摩力男氏』のメルマガ配信を実際購読してますが、本当にメルマガはFXトレードに有効なのか、詐欺ではないのかを読んだ感想を含めて検証します。

 

志摩氏のメルマガ配信は、相場(マーケット)が開いている平日に基本的に1日1回配信があります。また必要に応じて経済統計があった時や、相場が大きく変化した時などは、その都度配信があり懇切丁寧な印象を受けます。

 

この記事は志摩氏が詐欺なのか?彼のメルマガの内容は程度が低い?無料メルマガと変わらないのか、そこが比較すべきところだと考えています。

 

あと重要なのが、実際私も購読していますが、メルマガを読んでいる方の評判や口コミが判断する上で大事だと思っています。

 

下記に役に立つ記事を書いていますので、一緒に読んでもらえればと思います↓↓↓

➡︎(参考)どうしてFXトレードはプロトレーダーのメルマガ配信がオススメな理由

 

現役プロトレーダー志摩力男氏の経歴について

志摩力男のセミナー実況解説の動画の感想〜FX専門家の相場を知る!

 

慶應義塾大学経済学部卒。
1988年~1995年、ゴールドマンサックスでプロップトレーダー、外資系証券でファンドマネージャーを歴任。2006-2008年、ドイチェ証券でプロップトレーダーを歴任。その後、香港のマクロヘッジファンドでヘッジファンドマネージャーを歴任。独立した後も世界各地のヘッジファンドや外銀トレーダー、有名トレーダーと交流があり、現在も現役トレーダーとして活躍する。

 

以上が経歴です。

国内のみならず海外でトレーダーとして経験を積んでいるようです。

 

実際志摩氏からはこのようなメールが送られてきます。

 

志摩力男の実戦リアルトレード  2016年11月29日 20時03分
配信者:志摩力男

モルガン・スタンレー証券が2017年の推奨トレードを発表しました。

個人的には、モルスタの為替分析は割と好きです。コテコテのマネタリスト的分析のみのゴールドマンサックスより良いと思いますし、過去のパフォーマンスもいいと感じます(検証してません)。

1) Long USD/JPY: Yield differentials driving outflows from Japan and higher inflation expectations.
ドル円ロング、金利差拡大で日本から資金流出。期待インフレ率も高い。

2) Long USD/KRW: Diverging growth and monetary policy to increase outflows from Korea.
ドルロング韓国ウォンショート、成長格差、金融政策の方向性の違いで韓国から資金流出

3) Short EUR/GBP: No new negative UK news allows the undervalued GBP to recover.
ユーロショート英ポンドロング、英国発の悪いニュース出尽くし、割安なGBPが回復する。

 

海外の証券会社のこのような情報も日々のメルマガにプラスして送られてきます。

 

為替メディアで登場し相場の解説をしている。

 

こちらの動画は、「ストックボイス(2018年4月3日)」という経済動画サイトで志摩氏が実際相場の解説をしている動画になります。

GOGOJUNGLE マーケット・ストラテジー』と志摩氏のメルマガを配信しているサイトが提供しているコーナーです。

現役のトレーダーなので、個人的に結構口調が強いイメージを持っていましたが、非常に物腰の柔らかな印象を受けます。

 

気なる志摩氏有料メルマガの内容

メルマガは基本的に、相場の解説と実際のトレードの内容が記載されています。

黒田総裁チューリッヒ講演が円高の背景か
配信日:2017年11月17日 18時14分

このところ何となくドル円相場が重くなってきましたが、株高でも少し円高、米金利上昇でも少し円高と、これまで相場を動かしてきたパターンと違ってきたので、何か特別な背景があるのではと考えてたのですが、11月13日(月)黒田総裁がチューリッヒで行った講演会がポイントであったようです。

http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2017/data/ko171114a1.pdf
https://jp.reuters.com/article/boj-kuroda-zurich-rate-idJPKBN1DG15O

内容は、多くの部分をこれまでの政策、その理論的背景について書いてますが、ポイントは最後の課題のところで「リバーサル・レート」という概念に言及しているところです。

昨年1月、日銀がマイナス金利を導入した時、「預金金利をマイナスにはできないので、貸出金利と預金金利の金利差が縮小し、金融機関の収益を奪う。その結果、金融機関のリスクテイク能力が失われ、金融仲介機能が棄損し、むしろ経済にはマイナスの影響を与える」と市場関係者から指摘されました。私も同意見です。しかし、このことを訴える理論的背景がなかった。

こうした考えに理論的バックボーンを与えるのが、この「リバーサル・レート」という概念です。プリンストン大学ブルネルマイアー教授の理論で、金利がある一定水準を下回ると金融仲介機能に悪影響を与えるため、下限金利には限界があるという考えで、今年4月に発表された本当に最新の理論です。

黒田総裁が「リバーサル・レート」に言及することは、これまでやってきたことの自己批判にもなるのですが、金融を極限状態から引き締めることが、かえって経済には刺激的になるということになるので、政策転換の理論的支柱にもなりえます。

これに飛びついてきたのが米系勢でしょう。今週に入って、米国株や米金利にどの様な動きがあっても関係なく売りが入るようになりました。特に米時間に売られます。「リバーサル・レート」への言及が、近い将来の政策変更につながるという「匂い」を嗅いだのでしょう。

もちろん、黒田講演では最後に少し課題として言及しているだけです。今後、このリバーサルレートに関して会見等で質問も集中するでしょうが、総裁は、現状の政策をしっかりと継続する、としか言わないと思います。

しかし、みずほ銀行が大規模リストラに動き始めたように、マイナス金利が邦銀の体力を奪っていることは事実です。人も減らしますし、貸出も減らします(地方不動産への新規融資中止)。また、現状、日本経済は比較的好調であります。どこかの時点で将来のために政策のバッファーを作りたいのは確かでしょう。チューリッヒの講演でも、リーマン・ショック時に、他の中銀が数%も利下げしたのに対し、日銀の緩和余地は0.5%しかなく、その結果円高を防げなかったとの記述もありました。

米欧が正常化に向かっている今、日銀も何らかの形で正常化したいはずです。そうでなければ、将来の危機に備えることができません。ただ、それは円安局面で行いたいと思っているとは思います。トランプ政策の結果、ドル円が再度125円と言ったレベルに達するような事があれば、政策のシフトに動きたいと思っているでしょう。

米系勢がどの程度、この黒田講演で考えを変化させたかわかりませんが、将来の布石とは感じたでしょうし、政策変更も意外と近いかもしれないと考え始めているかもしれません。この先ドル円の反発局面が何度も頭打ちになれば、マーケットは本格的に方向転換するかもしれません。

一応週超えになりますが、ユーロドルロングとドル円ショートは継続します。

 

 

モラー特別検察官がトランプ選挙陣営に召喚状
配信日:2017年11月17日 10時52分

今朝方、WSJ紙報道として、モラー特別検察官がトランプ選挙陣営に召喚状とのニュースでドル売りが始まりました。ただ、株価の方は上昇しており、逆方向を向いているところが、合点の行かないところではあります。

ユーロドルのロングを再開します。現状レベルで買い、ストップは1.1730以下。

ドル円も少額ショートします。ストップは昨日高値113.30円前後にします。

 

以上のように相場の詳しい解説とトレードの内容が記載されています。

彼のメルマガ購読の最大のメリットについて

メルマガのメリットとしては、

メルマガ購読によるFXの相場分析と相場かんが身につく。

というのが大きな実感としてあります。

通常の「シグナル配信」というものでは、いつトレードを行う(9:00 ドル円 ロングなど)という配信だけで、その根拠がわかりません。 なので勝ったり負けたりしてもその原因を検証できないことが致命的ではないかと思います。

それと比較すると志摩力男氏のメルマガは、マーケットが開いている平日に、リアルタイムの為替ニュースに加えて相場分析が送られてくるため、仕事で忙しい人も為替のニュースとプロの相場分析を知ることができ、相場分析がどんどん身についてきます。

このように彼の分析と実際のトレードを購読することにより、「FXを効率良く学習しながら、取引ができる」という大きなメリットがあります。

FXで大事なのは1回で大勝ちすることではなく、チャンス相場でしっかりと勝ち続けていことです。

パチンコのように一度大勝ちしても、トータルで負ければ意味が無いのです。

メルマガの口コミ

 

以下販売サイトで購入者のレビューです。

志摩さんのメルマガ購読を初めて2ヶ月。FX初めて6ヶ月ですが、始めた当初はとにかくポジポジ病で損切りもできずいつも含み益を抱えて苦悩していました。いろんな書籍も読み漁りましたが最新の相場の動きの背景を知るのに志摩さんのメルマガはとても役に立ち、勉強になります。
経済指標が良いのになんで米ドル買いにならないんだろう?など奥深いバイアスなどを知る事ができます。
基本的に超短期でトレードしてますが、方向感を判断するのにすごく勉強になります。テクニカル的な勉強は継続しつつもっと広い視野で相場を知っていくのにまずは購読されることをオススメします。
自然と日本のメディアのニュースだけでなくグローバルなニュースに興味も出て来ます。
すごくおすすめしたいです。
私はまだまだ初心者で、大きな取引をしている訳ではありませんが、すごく勉強させてもらってます。
正直な話、内容について行くのに必死ですが、プロの方の目線がどこを向いているのか?とか、引き際や攻め時なども紹介してもらえるので、自分なりに考えて取ったポジションが上手くいっても悪くても、理由の違いや相場観のズレが学べて、不安感の多かったトレードが最近は楽しく感じます。
まだ少額取引しか出来ない私から見ても、このメルマガの購読料はお値打ちだと思います。
これからもご教授よろしくお願い致します!
ほとんどのレビューが星5つ中、5か4という高評価の内容になっています。
購読者の満足度が高い内容だと思われます。

志摩力男のメルマガがキャンペーンで購読が無料に!

FX15年の実績を持つ『セントラル短資🔗』のキャンペーンでは、あの世界的に有名なゴールドマンサックスでのトレード経験を持つ志摩力男氏の実戦メルマガが3ヶ月無料で購読できるキャンペーンを実施しています。

通常月額4500円のメルマガが3ヶ月も無料のため、お試しで3ヶ月購読し、しっかりとFXのトレード向上に役立てることができると思います。

詳細なキャンペーンキャンペーンについては下記の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
セントラル短資FXの新規口座開設キャンペーンでプロのメルマガが無料!!セントラル短資(FX証券会社)で口座開設をする場合は、現在キャンペーン中である「志摩力男の実戦リアルトレード」メルマガ3ヶ月無料購読での...

キャンペーンページはこちら

 志摩氏のメルマガの概要について

メルマガである『志摩力男の実戦リアルトレード』は、通常の購読にあたって通常であれば「10日間のクリーングオフ」という期間が付いています。

screen-shot-2016-11-21-at-01-09-56

 

ですので、10日以内に購読を解除すればお金がかからないことになっています。なので実際試しに購読をしてみて、その有効性を確かめるというのもオススメの購読方法になります。

 

あとは、FX証券会社とタイアップしたキャンペーンで、『1ヶ月間無料購読』ということもあるので、実質無料で1ヶ月もメルマガを購読できるチャンスがあります。

志摩力男氏のメルマガの詳細はこちら

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
プロトレーダーのFXメルマガランキング


現役プロトレーダーのが配信するプレミアム級のFXメルマガランキング

メルマガのレビューはこちら