レバレッジとは〜FXにおける取引

   

FXにおける『レバレッジ』とは、証拠金(取引の時に一部口座資金を残しておくこと)を元に、持っているお金の何倍もの取引ができる仕組みなります。

通常少ないお金で、より多くの資金を動かせることからテコの原理として説明されます。

実施レバレッジは

  • 日本➡︎25倍(規制されている)
  • 諸外国➡︎200倍〜1000倍程度

と日本と外国では金額が違います。

Screen Shot 2016-01-29 at 20.44.28

少ない元手投資ができるFXの大きな魅力の一つです。 少ない元手であれば、無理せずにトレードできますし、もしその一部をトレードで失ったとしても、本人にとって少額であれば、精神的に十分に耐えることができる金額です。

以上のことから、初心者にとっても十分手軽にトレードができ、実際のトレードを通じて経済の勉強もすることができます。

ポチ さん
レバレッジは他の投資に比べてFXの大きな特徴の一つなんだ。

レバレッジにより少ない元手でトレード可能

実施レバレッジを使った取引の例をご紹介します。

資金を10万円持ってるとします。 レバレッジ10倍だとすると、掛け金の10倍ということで、

10万円*10倍(レバレッジ)=100万円 分の通貨を買うことができます。

仮に取引で、1ドル100円が➡︎110円の10プラスになったとすると

100万円➡︎110万円 (+10万円の利益)

となります。

Screen Shot 2016-01-29 at 20.46.46

よって元手が10万円なので、利益率は100%(2倍)になります。 FXではこのようなトレードができます。 実際は一度のトレードで資金が2倍になったりするトレードは逆にリスクもあるためしませんが、ここではわかりやすく説明しました。

または1ドル100円が101円になったら、1万円の利益です。1回のトレードで資金が10%(10万円の資金で1万円増えた)増えてことになります。

ワド さん
レバレッジは大きな取引ができるけど、リスクをまず考えた資金の使い方重要だよ

 

レバレッジが高いと危険??

レバレッジを考える時、例えば、最初の資金が10万円であった場合。 日本でのレバレッジは25倍なので、10万円*25倍=250万円の取引ができます。

しかし通常は、適切なリスク管理の上でトレードを行いますので、レバレッジはポジションをいくつも持ったりというトレードをしなければあまり気にすることはないと思います。

どういうことかというとまず『損切り(損失の設定)』をどの程度するかを考えるからです。

例えば1回のトレードで損は5%と決めておくとします。 それであれば、負けた時は5%以上損失が出ることがありません。今はシステムで最初に設定しておけば、あとは勝手にコンピュータが5%の損失のラインまで価格が変化した時に自動で取引を行ってくれるからです。

このような考えであれば、レバレッジがいくらになるかというのはあまり気にしてくてもいいということも言えます。

 

要するに大切なのは、自分が持つべきポジションの量であり、レバレッジが何倍かなどを気にしすぎることはありません。どれだけの損が許容できて、その額はどれだけの通貨がいくら動いた場合に相当するのか、を考えことが重要になります。

ポチ さん
適切なリスク管理。これがまず考えなければいけないことなんだ

レバレッジの魅力

レバレッジが威力を発揮することがあります。

上の例で示したのは、一回のトレードを行う場合にです。 一回のトレードが終了➡︎またトレード再開 それだったらあまりレバレッジは関係ありません。

裁量トレードの場合

裁量トレードとは、実際手動で取引を行うことです。 例えば、ドルと円の取引でトレードしたとします。相場が右肩上がりだったので、トレード方法として買いポジションを持ってしたとします。 しかし相場がまだ上がりそうで、チャンスだと思ったので、さらに買いでポジションを持ちました。

以上のように複数ポジションを持つ場合にレバレッジは効果を発揮します。 当然最初のルールで一回のトレードで損失は資金の5%と決めておけば、ポジションごとにその金額の損切りなります。 しかし、ポジションを持っている場合でもチャンスは来るので、その場合にチャンスを生かすことにより、さらに利益を得ることができるのです。

自動売買の場合

自動売買という取引があります。これはEA(自動売買のソフト)と呼ばれるシステムをMT4に取り入れて動かせば自動で取引をしてくれます。 EAの中には、ポジションをいくつも持つことによりリスク分散をしているものもあり、そのような場合にレバレッジが低いとポジションが複数持てない場合がでてきます。 なのでこのような場合にレバレッジが高いと本当に便利なのです。

あと、取引通貨は複数ある場合にもチャンスが重なった時にそのチャンスをものにするためにも、ポジションを複数持つ事もあるため、その際にも同じくレバレッジが威力を発揮します。

以上を踏まえるとレバレッジが高いほうが、拘束される資金が少ないですし、お金は余裕資金が多くなる=投資の自由度が上がり、トレードチャンスが増えるということになります。つまりポジションを複数持てそして、多数通に運用できるということになります。

ワド さん
トレードのスキルが上がっていくと、チャンスも増えてくるよ

 

レバレッジの現状

冒頭でも触れましたが、レバレッジは国内➡︎25倍、海外が400倍(平均して)となっています。

すごいレバレッジの差がありますよね。

実は以前は日本もレバレッジ規制が緩かった時は、400倍とかレバレッジをかけることができました。しかし、それでもちろん大損をした人もいたため、このような規制ができたと思います。

しかし個人的にはレバレッジ規制で25倍になったからよかったという声はあまり聞こえません。むしろ以前の方がよかったという声もあります。

以前のハイレバレッジが使える環境では10万円を1000万円にした人も現実にはいますし、仮にその人が10万円は失ってもいいお金としてトレードしているなら、それが100倍になるということは、本当に夢のようなことだからです。 しかしそれを可能にするのがハイレバレッジだったのです。

ポチ さん
すごい・・まさに夢のような話だよね

レバレッジで大損してしまったら。

ハイレバレッジで大損してしまったらどうなるんだろうと考える方も多いと思います。

その点については、『ロスカット』というシステムを証券会社が採用していますので、口座資金が0になる前に自動で決済してくれるようになっています。 なので、基本的には口座資金がマイナスになることはありません。

ワド さん
ロスカットを気にせず、いくら損失を許容するかを考えるほうが先決だよ

まとめ

以上レバレッジの説明でしたが、何度もこのサイトでいうように適切な資金管理のもとではレバレッジはメリットであるということが言えると思います。

また少額の資金から大金を得る場合にも、レバレッジが大きな武器として威力を発揮します。そのような芸当ができる人は、ここぞというときに勝てることを経験でわかっており、そこの失っても良い金額を全額かけて勝負をしているのです。 このようなトレードも一方でできるのは、もう一つのレバレッジの魅力となります。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - FXの基礎知識