トルコ(アンカラ)で駐ロシア大使が銃殺!相場への影響は?

   

 

トルコの首都アンカラで19日にロシアの駐トルコ大使が展示会で銃で殺害される事件が発生しました。 その直後相場は大きく変動短期的にユーロドルは大きく下落、ドル円は上昇しました。

犯人は「アレッポを忘れるな。シリアを忘れるな」と叫んでいたそうです。

usdjpy

 

こちらはドル円15分足です。短期的にユーロが売られドルが上昇しています。

 

screen-shot-2016-12-20-at-04-23-32

こちらはユーロドル15分足です。  ユーロが大きく売られ相場が下がっています。

 

以下ロイターより

[アンカラ 19日 ロイター] – トルコの首都アンカラの美術館で19日、ロシアの駐トルコ大使が何者かに銃撃され、死亡した。

ロシア外務省報道官は駐トルコ大使、アンドレイ・カルロフ氏の死亡を確認した。

犯人は「アレッポを忘れるな。シリアを忘れるな」と叫んでいたとみられている。

 
目撃者によると、大使はスピーチしている際、後方から銃撃された。

ロシアとトルコは内戦で深刻な危機に陥っているシリアの問題で対立。トルコはシリアのアサド大統領に強く反対する一方、ロシアは軍隊を送りアサド政権を支えている。

 

【エルサレム支局】トルコの首都アンカラで19日、ロシアの駐トルコ大使が銃撃を受け、病院に搬送された。ロシア当局によると大使は死亡した。地元テレビ局によると、展覧会の会場を訪れた際に銃撃されたといい、ほかにも数人が負傷した。(毎日新聞)

 

【エルサレム時事】トルコのメディアによると、首都アンカラで19日、ロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使が何者かに銃撃され、重傷を負った。

病院に搬送されたが、命に別条があるかは不明。

カルロフ大使はこの日、アンカラにあるギャラリーで、美術展のオープニングに参加。スピーチをしていたところを銃撃され、大使以外の数人も負傷したもよう。 (時事通信)

 

 

YEN蔵氏のメルマガより

 

YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』  2016年12月20日 03時24分
配信者:YEN蔵

トルコのアンカラで駐トルコ・ロシア大使がトルコの警察官に射殺され死亡が確認されました
報道を受けドル円は116.55の安値付近に下落、ニューヨークダウも19900ドル付近から19850
ドル付近に下落しましたが19875ドル付近へ反発しています。

ドルトルコリラも3.5075リラから3.53リラ付近にリラ安になっていますが0.9%ほどです。
リスクオフの動きになりかけましたが、今のところは落ち着いた動きになっています。

 

➡︎(参考)YEN蔵氏のメルマガ「リアル・トップ・トレード」の詳細はこちら

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 経済ニュース , , ,