ピーター・ナヴァロ氏の発言でユーロが大きく上昇!〜志摩力男氏のリアルトレード

   

国家通商会議委員長、ピーター・ナヴァロ氏がFT紙のインタビューに答え、それを受けてユーロが短期的に買われ大きく上昇しました。

志摩力男氏はその上昇の波に乗りロング(買い)でエントリー。また合わせてドル円が下落、ドルをショート(売り)しています。

現役プロトレーダー「志摩力男氏」のメルマガ「志摩力男の実戦リアルトレード」から、ユーロとドル相場について分析をします。

 

ピーター・ナヴァロ氏とは

ピーター・ナヴァロ氏はドナルドトランプ氏が国家通商会議委員長に指名した現役の大学教授になります。

 

ピーター・ナヴァロ(Peter Navarro, 1949年7月15日 – )は、経済学者・公共政策学者。現在、カリフォルニア大学アーヴァイン校ポール・メレージ・ビジネススクール(英語版)教授。これまでに12冊を超える著作を発表しており、代表作に『中国による死(Death by China)』がある。2017年1月20日、ナヴァロはドナルド・トランプ次期大統領から指名を受け、国家通商会議の委員長(ダイヤモンド社 2017)に就任した[1]。これは、アメリカ合衆国連邦政府の行政機関内に新規に設置された部門である[2]

教職に付く以前、ナヴァロは東南アジアのアメリカ合衆国平和部隊に所属していたほか、ワシントンD.C.でエネルギー・環境政策のアナリストとして勤務していた[3]

wikipedia

ナヴァロ氏は中国に対して、中硬派と言われ、これまで中国との貿易摩擦について、異議を唱えてきている方です。

中国との貿易摩擦について発言している動画です↓↓

 

 

ユーロドル1時間足〜直近の高値を切り上げ

 

ユーロドル1時間足です。これまでダウントレンドで相場を下げてきていました。

その後1月31日の21時付近からユーロが買われて相場が大きく上昇。

チャートに示している1時間足での直近の高値をブレイクしています。ここではレジスタンスラインとして売りの抵抗がありましたが、一気にブレイクしました。

 

プロも重要視するラインの考え方についてはこちら↓↓

 

志摩力男氏のトレード解説

 

以下31日のお昼のメルマガです↓↓

志摩力男の実戦リアルトレード  2017年01月31日 14時35分
配信者:志摩力男

日銀金融政策決定会合は予想通り、政策変更なし。当面、日本サイドから政策を変更する予定も理由もないでしょう。なにかあるとすれば、「量から金利」に政策をシフトしているので、80兆円という数字をどうするかだが、円高を招くので当面変更は想定できません。

トランプ大統領が、入国管理の大統領令に反対した司法長官代行を解任したとのことで、若干円高に振れてます。マーケットの主流派は、いずれにせよトランプ政権は減税を実施し、米国金利は上昇するので、円安に行くと考えてますが、連日のようにトランプ氏の力技が発揮されているので、長期投資家はリスクヘッジに動き始めていると思います。

今週は、経済指標が多いですが、そこはもうマーケットのフォーカスではないので、あまり重要視しなくて良いと思います。トランプ氏はただただ、選挙戦のときに約束したことを実行しているだけですが(ものすごい実行力です)、まさか本気で壁を作ったり、入国制限したり、ボーダータックスを課したりしないだろうと思っていた人が多いと思うので、その意味では間違いなくサプライズですし、今後対立が続くでしょう。

ヒトラーも「我が闘争」にユダヤ人を整理すると書いてました。その意味では、公約だったのですが、誰もそこに注目せず、彼に全権委任してしまったのでした。その意味では、少し状況は似ていると言えるでしょ。トランプ氏を支持した人たちは経済政策を支持したのですが、負の政策ばかり先行してます。そして、それは続きそうです。

スタンス的にドルショートキープで行こうと思ってます。ストップは基準線の上、115.56円、112.50円を突破すると、下値余地が出てきます。

 

今回の記事に直接は関係ないですが、ドナルドトランプ政権のことについてコメントしています。

 

志摩力男の実戦リアルトレード  2017年01月31日 20時53分
配信者:志摩力男

国家通商会議委員長、ピーター・ナヴァロ氏がFT紙のインタビューに答えました。

取り急ぎ

 

速報で志摩氏から、ピーター・ナヴァロ氏のインタビューの情報が入りました。

 

志摩力男の実戦リアルトレード  2017年01月31日 20時55分
配信者:志摩力男

ピーター・ナヴァロ氏のコメントでユーロ上がってますが、私も飛びつき買いしてます。1.0740レベル、
伸びないようならば、やめます。

 

 

ナヴァロ氏の発言でユーロが上昇、ここでロング(買い)を入れています。

 

図中の上矢印(赤)で示したところが、志摩氏がロング(買い)を入れたところになります。

この後1時間足で説明したように、直近の高値を一気にブレイク。その後一度価格に「押し」が入りましたが、再度上昇中です。

その後のメルマガです↓↓

 

志摩力男の実戦リアルトレード  2017年01月31日 21時10分
配信者:志摩力男

先日、「ナヴァロ・ロス・ペーパー」(“Scoring the Trump Economic Plan: Trade, Regulatory, &Energy Policy Impacts”) をご紹介しましたが、その15ページにこのような行があります。ご紹介せねばと思ってたのですが、ニュースが先に出てしまいました。

A similar problem exists because of the European Monetary Union. While the euro
freely floats in international currency markets, this system deflates the German currency
from where it would be if the German Deutschmark were still in existence.
In effect, the weakness of the southern European economies in the European Monetary
Union holds the euro at a lower exchange rate than the Deutschmark would have as a
freestanding currency. This is a major reason why the US has a large trade in goods
deficit with Germany ? $75 billion in 2015 ? even though German wages are relatively
high.

これは「為替操作」について述べた項なのですが、要約すると、南欧諸国がユーロ圏に含まれているため、ドイツマルクが今存在していたらあるべきレベルより、かなり低いレベルでユーロは取引されている。よってドイツは2015年750億ドルもの対米貿易黒字を持つ。これも、為替操作の一種だ。。。

もしドイツマルクが単独で存在していたとしたら、今のユーロの価値で1.7より上だと個人的には思います。

トランプ氏はドイツのことに口出しはしていませんでしたが、政権のチーム内では問題になっていたわけです。

 

志摩力男の実戦リアルトレード  2017年01月31日 22時03分
配信者:志摩力男

ドル円、この113円近辺から固くなります。ある程度、利食いを入れます。

飛びつき買いしたユーロですが、こちらも少しリスクを落とします。

 

リアルタイムでポジションの状況を相場の解説と合わせて、メールが送られてきました。 実際の動いている相場に合わせて分析をしてくれるため、大変参考になります。

さらに続いて↓↓

志摩力男の実戦リアルトレード  2017年02月01日 00時00分
配信者:志摩力男

何もコメントすることはありません。

積極的にドル円を売るのみです。

 

ドル円5分足になります。

下矢印(赤い)のナヴァロ氏の発言から、ドル円が下落。ドルが売られた形になります。

直近の安値をブレイクして、どんどん下落しています。

約160pipsの下落をしています。

 

リアルタイムで鋭い分析とトレードを披露

 

今回のトレードでは、ナヴァロ氏の発言について、いち早くメルマガで情報発信をしてくれたため、ユーロ相場の初期の段階で買いで入ることができる情報でした。

 

その後相場の状況と合わせて、ポジションの状況についても解説をリアルタイムで送信してくれたため、相場の状況に合わせてトレードすることができました。

 

情報のスピード感、鋭い分析、まさに現役のプロトレーダーさながらの、情報という実感が持ています。

私はこのメルマガを「セントラル短資」の3ヶ月無料購読キャンペーンで無料で現在購読しています。 もうすぐ購読が切れますが、継続して相場の分析で活用していく予定でいます。

 

志摩力男氏のメルマガの概要は下記の記事でご紹介しているので、参考にしてください↓↓(クーリングオフで10日間無料購読あり)

 

またFX業者の「セントラル短資」との口座開設キャンペーンで3ヶ月無料購読可能ですので、ぜひ興味がある方は利用されてみてください。現役プロトレーダーのメルマガが体験できます↓↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 志摩力男氏, 投資サロン(投資メルマガ) , , ,