ゲイリー・コーン氏はトランプ政権の経済政策の鍵を握るか〜志摩力男のメルマガ

   

トランプ政権の減税政策等経済政策の鍵を握ると言われる「ゲイリー・コーン氏」。現役プロトレーダー「志摩力男氏」のメルマガ「志摩力男の実戦リアルトレード」から、その市場への影響の検証を行っていきます。

 

「ゲイリー・コーン氏」と言えば、あのトランプ大統領がほれこみ、側近としてアメリカ合衆国行政管理予算局長官に就任した方になります。

 

このコーン氏はゴールドサックスの商品トレーダーから、NO.2のポストまで上り詰めた異色の経歴の持ち主であり、現在はトランプ政権の経済政策の舵を切っていると言われています。

 

ゲイリー・コーン氏の経歴は

 

1960年8月27日東ヨーロッパのユダヤ人家庭に生まれ、オハイオ州シェーカーハイツで育つ。ギルモア・アカデミーで学び、アメリカン大学のコゴッド・スクール・オブ・ビジネスで1982年に学士号を取得した[1]。 1990年にゴールドマン・サックスに勤務開始した。1996年から1999年までコモディティ業務の責任者を務め、1999年から債券・為替・コモディティ部門(FICC)のマクロビジネスを統括した。2003年からは株式部門の共同責任者となり、2006年6月にゴールドマン・サックスの社長兼共同COOに就任した。

アメリカ合衆国行政管理予算局長官[編集]

ドナルド・トランプアメリカ合衆国大統領によって、2016年12月12日、アメリカ合衆国国家経済会議委員長に指名された[3]。上院の承認は不要なため、2017年1月20日、アメリカ合衆国行政管理予算局長官に就任した。組織運営の経験が豊富なため、2月3日の金融規制の緩和に関する大統領令に際しては、議会関係者への根回し調整を万全に行い、ドナルド・トランプ大統領の信任を得たと報道されている。 wikipediaより

 

 

上の動画は、トランプ氏からアメリカ合衆国行政管理予算局長官のオファーがあった時にニュースの動画になります。

 

志摩力男の実戦リアルトレードでの解説

 

志摩力男の実戦リアルトレード  2017年02月21日 03時55分
配信者:志摩力男

米国休場ですが、それでも為替市場は取引できますし、通常少しは動いたりします。本日は本当に動かない。

ドル円は113円台に乗せて以降、113円を割り込んでません。112円台後半で、いったん底が入った形でしょうか。ユーロドルも1.0600−1.0630レンジではありますが、フランス大統領選挙が材料になりやすいので、頭が重く感じられます。

ドル円のショートと、ユーロドルロングをいったん閉じたいと思います。

米経済対策前なので、動き難い状況が続きそうです。

少し前の記事ですが、WSJにトランプ政権の経済政策は、コーン氏が鍵を握っているという記事が出ています。
http://jp.wsj.com/articles/SB12058936961426933320104582618991787756670

すみません、契約者のみが読むことのできるページですが、トランプ大統領は娘婿のクシュナー氏を通してゲーリー・コーン氏と会ったときに、感銘を受けたようで、即座に財務長官のポジションをオファーしたそうです(その隣にはムニューチン氏が座っているにも拘らず)。実際、経済政策については、ほかの誰でもなく、コーン氏がほぼ舵取りしているようだと書いてあります。

コーン氏は元々コモディティディーラーで、マーケットのこと、世界経済のことを熟知してます。現在のゴールドマンサックスCEOである、ロイド・ブランクファイン(わたくしの元上司にあたります)の下で10年間No2のポジションにいました。GSは米大手証券では珍しく、ロイド(最初はゴールドのセールスマン、その後為替の責任者)もゲーリーもコモディティ出身です。こんな会社ないでしょう。二人とも、それほど良家の出ではありません。成り上がりもの二人です。

私はゲーリーのことは個人的には知りませんが、テレビのインタビュー等を見ると、「地頭の良さ」を感じさせます。それは、CEOであるロイド・ブランクファインも同じです。あまりにも地頭が良い。

ゲーリー・コーンという信頼のある人間がトランプ経済政策のかじ取りをしていることが、市場の期待を高めてます。彼なら、何かすごいことをやってくれそうだと、市場は思ってます(実際は、簡単ではないと思いますが)。

経済対策が出てくるまで動き難そうです。いったんスクエアにして、チャンスを待ちたいと思います。

 

成り上りでゴールドマンサックスNO.2になったコーン氏に市場からは期待を持たれていると解説がしてあります。

また2月中に発表予定とされてる減税案。今後コーン氏の政策次第で市場も影響を受けることになると思います。

 

ドル円の状況

 

ドル円1時間足になります。

 

志摩氏のメルマガは配信された2月21日の午前については、112円台の価格で動きが重い展開でしたが、ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁が3月の利上げを排除しないと発言したことでドル買いに弾みがつき113.20〜30を上抜けして113.77付近まで上昇している状況です。

 

ここからさらにドル円が上昇することになるのか注目の場面です。

 

目先の目標値としては115円を超えられるかが焦点となると思います。ここから堅調な動きであれば短期で「ロング(買い)」で攻めたいところです。

 

鋭い分析を配信する志摩力男氏のメルマガ

現役プロトレーダー「志摩力男氏」のメルマガ「志摩力男の実戦リアルトレード」は、マーケットが空いている平日に相場の状況に応じて、相場の鋭い分析とトレード情報を配信してくれる貴重なメルマガになります。

 

「志摩力男の実戦リアルトレード」の詳細はこちらです↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 志摩力男氏, 投資サロン(投資メルマガ) , ,