指値注文とは〜FXにおける取引

      2016/02/03

指値注文はFX取引において有利な価格で売買する時に、あらかじめ指定する注文になります。

よって、システムで価格を入力した後は、自動でシステムが指定した価格で売買を行ってくれる便利な注文です。

指値(さしね)という言葉なので、指した値段で買いたいという意味だと思います。

指値注文にはいくつか気をつけておいた方がいいことがあるので、その部分ついて確認していきましょう。

ポチ さん
指値は有利な価格で取引する時にあらかじめ指定する価格なんだね。

 

指値注文

指値注文は2つのタイプに分かれます。

  • 新規注文のための指値(下の画像の左側の青の注文)
  • 決済の時の指値(下の画像の右側の青の注文)

以上の2つになります。

指値注文FX

 

上の画像では、1ドル100円が現在価格(赤)としてあります。

またこの時に買いの注文をあらかじめ、値段が下がった1ドル=99円(新規注文の指値)で入れておきます。(より有利な値段で買いを注文を入れていている。)

またその後1ドル99円に達したので、新規注文が約定しました。

新規注文後確定に、1ドル=101円(利益確定の指値)で利益確定の指値を入れておきます。(101円ー99円=2円の利益)

以上が画像を使った説明になります。

 

指値注文で気をつけることを

指値注文で気をつけることをについては以下の2点があります。

  • あらかじめ指定した価格に達しなかった時に、注文が発動しない。
  • 注文したことを忘れてそのままにしておく(新規注文の際)

一つめが指定した価格に達しなかった場合は、その注文は約定しないということです。なので、そこは自分で指値を設定後に、チャートを見て確認しておいた方が言います。

あと、ちょっと笑いそうな話ですが、指値注文後に、注文を忘れてしまってそのままになってしまうことです。指値で指定した新規注文後➡︎約定。その後何もしなくて損失が膨らむ可能性がありますので、そこまで来たらもう笑い話ではありません。

なので、新規注文で指値を出した後は、パソコンの前離れる場合は必ず逆指値で損切(ストップ)を入れておくことを忘れないでください。

 

FXの色々な注文方法に戻る

 

ワド さん
新規注文で指値を入れた後は、パソコンの前にいないなら忘れがちにあるから、必ず逆指値で損切しておこうね。

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ>

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - FXの取引について