IFD(イフダン)注文について

      2016/02/02

IFD(イフダン)注文」は、一度に二つの注文をまず出し、最初の注文が約定したら二つめの注文が有効になり、自動的に発動される注文方法です。

ですので一つ目の注文が決定しないと、次の注文は発動しません。 IFD注文は、新規注文から決済まで行うことができますが、決済の指定については指値か逆指値の2つしかないため、もう片方についてあらかじめ指定する必要があるのであれば、手動で設定をする必要があります。

なので、使う場合としては、新規注文➡︎逆指値(損切りライン) の注文を主に行うと良いでしょう。

逆指値は忘れてはいけないので、そちらを優先させます。

ポチ さん
イフダンの2番目の注文は利益確定の指値ではなく、損切りの逆指値を設定した方が重要だよ。

 

IFD注文の具体例

 

FXのIFD注文

上の図、新規注文を1ドル=103円(新規注文1・あらかじめ設定)で売りを出すとします。 そして同時に新規注文2をストップラインとして1ドル=106円に設定します。

その後、価格が1ドル=103円に達したため、新規注文1が約定➡︎その後新規注文2が有効となります。

これがIFD(イフダン)注文になります。

冒頭で触れましたがイフダンを使うときは、新規注文2は一つしか指定できないため、できれば逆指値(損切り)を指定しましょう。 忘れると損失がどんどん膨らみますので、気をつけてください。

IFD注文の注意点

IFD注文は復習になりますが、以下の2点の注意点があります。

  • 新規注文1が約定しないと新規注文2が発動(有効)しない。
  • 新規注文2が指値であれば、逆指値を忘れないように設定するようする。

特に重要なのが以上の2点なので、IFD注文については、その点を気をつけてトレードを行ってみてください。

FXの色々な注文方法に戻る

 

ワド さん
ふむふむイフダンについては、上の2点を気をつけてみてね。

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - FXの取引について