FX口座開設に維持費、手数料は必要なの?〜口座開設の疑問

      2017/03/02

FX口座を開設する時に基本無料で開設できますが、気になるのがその後の維持費手数料です。本サイトでのオススメのマネーパートナーズ』や『ヒロセ通商』は維持費がかかってこない会社になります。

口座開設したのはいいのですが、その後維持費がかかってきたりといったことは事前に基本的に調べておく必要があります。

あと口座開設する場合には基本的にお金はかからず無料で作ることができます。(ほとんどのFX会社)

結論としては、基本的に国内海外多くのFX証券会社については口座開設維持手数料はかかってきません。 通常は銀行口座開設でも銀行によってはある一定の金額を入れておかないと口座維持手数料がかかってくる場合があります。

ですが、FX証券会社ではいくつかの証券会社で手数料がかかるところもありますので注意が必要です。 取引をしない場合に手数料を徴収するのが一般的になっています。

 

基本的に口座維持手数料がかからない会社が多いが、事前確認が必要。

ほとんどの会社では手数料がかかりませんが、一応開設する時にはそのあたりの確認をする必要があります。

やはり多いのが、長期間取引をしない場合に口座維持費を徴収したり、口座を止めたりする場合が多いようです。

手数料を徴収する会社の一例。

私も持っていますが、『Forex.com(フォレックスドットコム)』 こちらはトレードをしない場合には維持費を徴収するようになっています。

 

フォレックスドットコム口座維持費

 

フォレックスドットコム口座維持費

上の二つの文章はフォレックスドットコムの口座開設した場合の維持費を説明した文章になります。

基本的に10万以下で取引をしない場合に手数料を徴収するとあります。 なので10万以下の資金でもトレードしていれば口座維持費は徴収され無い事になります。

基本的にFXは少額資金からトレードできることが特徴なので、元本が少なくてもトレードをすれば問題はありません。

 

証券会社は、トレーダーのスプレッドで手数料をもらっている。

FX取引におけるスプレッド計算方法

これはどこのFX証券会社でも言える事ですが、 基本的にトレーダーがトレードするごとに、スプレッドというものがかかっており、そのスプレッドがFX会社の収入源になるのです。

上の画像の、プライスチャートでは、買うとき(Buy)と売るとき(Sell)の価格の差、0.7pipsがスプレッドになるんです。

0.7という事は1000通貨の取引で、1000*0.007=7円になります。

トレードする事にスプレッドが発生し、FX業者の収入源になります。

 

口座の維持手数料がかからない初心者にオススメの会社は

下記に紹介するFX会社は、口座維持手数料がかからず、またコストであるスプレッドが狭いため、初心者から上級者にオススメできる会社になります。

また実績もあり、信頼がおける会社なので、口座開設検討中の方は開設をしてみて実際のトレードで使い易いかを実感してみてください。

 

♠マネーパートナーズ(マネパ)〜100通貨対応

岡安商事の為替ライフ

マネーパートナーズは、手数料のスプレッドが業界最高水準だけでなく、なんと100通貨からトレードができます。初心者には是非お勧めしたい100通貨トレード。リアルなトレードを学ぶことにより、早くFXトレードの向上します。

スプレッド 取引単位 最低証拠金 通貨ペア数
0.3銭~ 100通貨 約500〜 18種類
手数料 スワップ スマートフォン
0円 普通 Android、iPhone

 

ヒロセ通商

私の好きな会社です。取引コストのスプレッドが業界最高水準の会社です。また1000通貨対応で、食品関係のキャンペーンが豊富。総合的にバランスが取れた会社だと言えます。 多くのトレーダーもこの会社を利用しており、評判も良いので、個人的にまずはオススメしたい会社です。

スプレッド 取引単位 最低証拠金 通貨ペア数
0.3銭~ 1000通貨 約5千円〜 50種類
手数料 スワップ スマートフォン
0円 普通 Android、iPhone

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - FXの基礎知識 , ,